フィデリティ・世界割安成長株投信Aコース(愛称:テンバガーハンター)組入銘柄(日本株)一覧

フィデリティ投信のサイト画像 割安成長株・バリュー株

2020年3月に「フィデリティ投信」が「世界割安成長株投信」を設定しました。

このファンド(愛称:テンバガーハンター)に組み入れられている銘柄をチェックすれば、手っ取り早く利益に繋がりそうな銘柄を見つけられるかもしれません。

割安成長株への投資をお考えの方で、銘柄選定に悩まれている方も多いかと思いますので、同ファンドの組入銘柄(日本株)を一覧にまとめてみたいと思います。

フィデリティの世界割安成長株投信(愛称:テンバガーハンター)とは?

「世界割安成長株投信(愛称:テンバガーハンター)」は、「フィデリティ投信」が運用するファンドの名称です。

「フィデリティ投信」と言えば「ロープライス・ストック・ファンド」が有名ですが、同ファンドは設定来で約55倍のリターン実績を持つことで知られています。

フィデリティ・ロープライス・ストック・ファンドとグローバル株式の推移を示す画像

「ロープライス・ストック・ファンド」は米国株式やグローバル株式を大きく上回るリターン実績となっており、同ファンドの銘柄選定力の高さが見て取れます。

そして、「世界割安成長株投信(愛称:テンバガーハンター)」は、この「ロープライス・ストック・ファンド」と同様の運用担当者、運用戦略を持つファンドです。

また、運用主担当者である「ジョエル・ティリングハスト」氏は伝説のポートフォリオマネージャー「ピーターリンチ」氏の愛弟子にあたり、テンバガーハンターと呼ばれています。

つまり、“実績あるファンドと同様の運用担当者、戦略を持つファンドに組み入れられている銘柄に注目し上手く投資できれば、高いリターンを期待できるのでは?”ということですね。

世界割安成長株投信Aコース(愛称:テンバガーハンター)組入銘柄(日本株)一覧

それでは組入銘柄をチェックしてみましょう。

「世界割安成長株投信(追加型投信/内外/株式)」は、Aコース(為替ヘッジあり)、Bコース(為替ヘッジなし)、Cコース(毎月決算・予想分配金提示型・為替ヘッジあり)、Dコース(毎月決算・予想分配金提示型・為替ヘッジなし)の4つのコースがありますが、今回はAコース(為替ヘッジあり)の組入銘柄(日本株)を一覧にまとめてみました。

証券コード 企業名 業種 PER(倍) 構成比(%)
8001 伊藤忠商事 卸売業 6.9 2.18
2733 あらた 卸売業 8.2 0.69
7419 ノジマ 小売業 4.3 0.61
2791 大黒天物産 小売業 15.7 0.57
3291 飯田グループホールディングス 不動産業 8.4 0.57
4708 りらいあ サービス業 11.3 0.55
6670 MCJ 電気機器 10.8 0.51
9956 バローホールディングス 小売業 9.6 0.50
3254 プレサンスコーポレーション 不動産業 13.6 0.48
8282 ケーズホールディングス 小売業 6.9 0.48
9934 因幡電機産業 卸売業 13.6 0.48
1835 東鉄工業 建設業 16.9 0.46
7483 ドウシシャ 卸売業 9.0 0.39
3539 JMホールディングス 小売業 10.3 0.38
9787 イオンディライト サービス業 15.9 0.36
7745 エー・アンド・デイ 精密機器 7.0 0.35
9682 DTS 情報・通信業 14.9 0.30
8316 三井住友フィナンシャルグループ 銀行業 7.9 0.29
9717 ジャステック 情報・通信業 11.4 0.28
9989 サンドラッグ 小売業 14.0 0.27
8059 第一実業 卸売業 10.7 0.26
4628 エスケー化研 化学 13.7 0.24
2281 プリマハム 食料品 11.7 0.23
7202 いすゞ自動車 輸送用機器 10.2 0.21
1766 東建コーポレーション 建設業 10.7 0.19
2379 ディップ サービス業 33.5 0.19
1949 住友電設 建設業 9.3 0.18
4674 クレスコ 情報・通信業 14.5 0.18
8078 阪和興業 卸売業 3.6 0.18
7856 萩原工業 その他製品 10.1 0.17
2154 夢真ビーネックスグループ サービス業 87.8 0.16
3738 ティーガイア 情報・通信業 7.4 0.16
1930 北陸電気工事 建設業 8.2 0.14
3360 シップヘルスケアホールディングス 卸売業 20.2 0.14
5461 中部鋼鈑 鉄鋼 7.4 0.14
8066 三谷商事 卸売業 17.2 0.13
8085 ナラサキ産業 卸売業 7.1 0.13
9422 コネクシオ 情報・通信業 9.8 0.13
9960 東テク 卸売業 8.1 0.13
1879 新日本建設 建設業 4.8 0.12
1898 世紀東急工業 建設業 9.6 0.12
2735 ワッツ 小売業 19.1 0.12
3176 三洋貿易 卸売業 6.8 0.12
3662 エイチーム 情報・通信業 0.12
6459 大和冷機工業 機械 22.0 0.12
1776 三井住建道路 建設業 9.7 0.11
1723 日本電技 建設業 11.4 0.10
1980 ダイダン 建設業 9.3 0.10
2121 ミクシィ サービス業 45.0 0.10
3771 システムリサーチ 情報・通信業 13.8 0.10
5388 クニミネ工業 ガラス・土石 9.3 0.10
6637 寺崎電気産業 電気機器 8.2 0.10
7619 田中商事 卸売業 6.1 0.09
8051 山善 卸売業 10.2 0.09
3641 パピレス 情報・通信業 14.7 0.08
5357 ヨータイ ガラス・土石 11.6 0.08
6730 アクセル 電気機器 15.1 0.08
7643 ダイイチ 小売業 8.2 0.08
9037 ハマキョウレック 陸運業 8.1 0.08
3023 ラサ商事 卸売業 7.0 0.07
3050 DCMホールディングス 小売業 8.5 0.07
9782 ディーエムエス サービス業 7.1 0.07
9974 ベルク 小売業 14.3 0.07
9986 蔵王産業 卸売業 11.6 0.07
2737 トーメンデバイス 卸売業 8.9 0.06
4318 クイック サービス業 15.8 0.06
5187 クリエートメディック 精密機器 12.9 0.06
7646 PLANT 小売業 4.8 0.06
8014 蝶理 卸売業 6.2 0.06
9441 ベルパーク 情報・通信業 17.6 0.06
9908 日本電計 卸売業 7.6 0.06
4043 トクヤマ 化学 5.9 0.05
5757 CKサンエツ 非鉄金属 8.3 0.05
6484 KVK 機械 8.2 0.05
7466 SPK 卸売業 9.6 0.05
7636 ハンズマン 小売業 12.6 0.05
2003 日東富士製粉 食料品 10.8 0.04
2163 アルトナー サービス業 13.0 0.04
3950 ザ・パック パルプ・紙 19.2 0.04
6723 ルネサスエレクトロニクス 電気機器 0.04
9381 エーアイテイー 倉庫・運輸 13.6 0.04
9729 トーカイ サービス業 13.0 0.04
1807 佐藤渡辺 建設業 6.5 0.03
2782 セリア 小売業 16.6 0.03
3341 日本調剤 小売業 9.9 0.03
5983 イワブチ 金属製品 24.8 0.03
6328 荏原実業 機械 10.0 0.03
6382 トリニティ工業 機械 8.4 0.03
7292 村上開明堂 輸送用機器 6.0 0.03
7614 オーエムツーネットワーク 小売業 12.0 0.03
8249 テクノアソシエ 卸売業 9.3 0.03
1381 アクシーズ 水産・農林業 8.7 0.02
1997 暁飯島工業 建設業 8.8 0.02
2374 セントケア・ホールディング サービス業 9.7 0.02
2876 デルソーレ 食料品 8.4 0.02
3355 クリヤマホールディングス 卸売業 6.5 0.02
3954 昭和パックス パルプ・紙 8.0 0.02
4577 ダイト 医薬品 9.6 0.02
4767 テー・オー・ダブリュー サービス業 22.4 0.02
4975 JCU 化学 22.0 0.02
5393 ニチアス ガラス・土石 9.9 0.02
6648 かわでん 電気機器 14.0 0.02
6960 フクダ電子 電気機器 11.6 0.02
7500 西川計測 卸売業 17.0 0.02
7607 進和 卸売業 9.1 0.02
7833 アイフィスジャパン その他製品 13.4 0.02
8881 日神グループホールディングス 不動産業 6.7 0.02
9436 沖縄セルラー電話 情報・通信業 13.5 0.02
9977 アオキスーパー 小売業 9977 0.02
1417 ミライト・ホールディングス 建設業 8.5 0.01
1827 ナカノフドー建設 建設業 0.01
2410 キャリアデザインセンター サービス業 13.0 0.01
2715 エレマテック 卸売業 9.6 0.01
2742 ハローズ 小売業 11.8 0.01
3156 レスターホールディングス 卸売業 11.5 0.01
4299 ハイマックス 情報・通信業 12.0 0.01
4368 扶桑化学工業 化学 21.0 0.01
4521 科研製薬 医薬品 11.5 0.01
4699 ウチダエスコ サービス業 18.5 0.01
4722 フューチャー 情報・通信業 27.8 0.01
4832 JFEシステムズ 情報・通信業 9.4 0.01
5941 中西製作所 金属製品 10.2 0.01
6915 千代田インテグレ 電気機器 13.1 0.01
7438 コンドーテック 卸売業 10.0 0.01
7444 ハリマ共和物産 卸売業 8.0 0.01
7879 ノダ その他製品 5.4 0.01
7983 ミロク その他製品 8.7 0.01
8303 新生銀行 銀行業 9.4 0.01
8596 九州リースサービス その他金融業 6.9 0.01
9029 ヒガシトゥエンティワン 陸運業 8.9 0.01
9099 C&Fロジホールディングス 陸運業 11.1 0.01
9539 京葉瓦斯 電気・ガス 17.3 0.01
9799 旭情報サービス 情報・通信業 11.1 0.01
2344 平安レイサービス サービス業 11.5 0.00
3352 バッファロー 小売業 6.9 0.00
3848 データ・アプリケーション 情報・通信業 18.1 0.00
4539 日本ケミファ 医薬品 90.3 0.00
5965 フジマック 金属製品 28.0 0.00
7820 ニホンフラッシュ その他製品 7.5 0.00
8006 ユアサ・フナショク 卸売業 5.2 0.00
8108 ヤマエ久野 卸売業 5.3 0.00
9034 南総通運 陸運業 6.7 0.00
9359 伊勢湾海運 倉庫・運輸 9.4 0.00
9776 札幌臨床検査センター サービス業 8.0 0.00

※構成比は2021年2月基準、「PER」は2021年12月21日大引け時点となります。

※以前はビオフェルミン製薬(4517)、サカイオーベックス(3408)、セコム上信越(4342)、本州化学工業(4115)なども組入銘柄でしたが、子会社化・MBO・株式公開買付け(TOB)実施等により上場廃止となっているので除いてあります。

※ヤマエ久野(8108)は株式移転を行いヤマエグループホールディングス(7130)が2021年10月1日に設立・新規上場承認となっています。

※ウチダエスコ(4699)は内田洋行(8057)による株式公開買付け(TOB)実施により上場廃止となる見通し。

世界割安成長株投信Aコース(愛称:テンバガーハンター)に組み入れられている銘柄(日本株)を一覧にまとめてみましたが、一般的に人気業種とされる「情報・通信業」はそこまで多くなく、あまり人気のなさそうな銘柄が多い印象ですね。

フィデリティ投信の「世界割安成長株投信について紹介しているページ」を見ると、“割安成長株とは市場が気付いていない成長機会を持つ割安な銘柄です”とありますが、つまりは“不人気要素があり割安放置されているけど、正当に評価されれば今現在の株価水準より上がると判断できる銘柄”に注目すれば良さそうな感じですかね。

しかしながら、今回まとめた銘柄を実際に個別で見てみると、アクセル(6730)のように好決算が発表となり株価を大きく上げた銘柄もあれば、エイチーム(3662)のように赤字転落となり株価を下げている銘柄もありますね。

いい感じに株価を上げているのは蔵王産業(9986)、トーメンデバイス(2737)、CKサンエツ(5757)、フューチャー(4722)、JFEシステムズ(4832)あたりでしょうか。

  • まずは長期で考える。
  • 自分が理解できるビジネスに投資する。
  • 分からないものには投資しない。
  • 経営陣はとても重要。
  • 事業そのものが強靭である。
  • 回復性をもっている。
  • 過大な評価額で買わない。

運用主担当者である「ジョエル・ティリングハスト」氏が上記のようなポイントを挙げていますが、自分が好きかどうかではなく、リスクと対価についてしっかりと評価し、長期的な値上がりを見込めそうな銘柄への投資を考えると良さそうな感じですかね。

しかしながら、直近で業績が悪化し赤字に転落している銘柄やPERが高い銘柄もあるので、“世界割安成長株投信(愛称:テンバガーハンター)に組み入れられているから”という理由だけで投資先として選んでしまわないようにした方がいいかもしれません。

割安成長株への投資を成功させ資金を中長期的に増やしていきたい人は?

さて、今回はフィデリティ投信の世界割安成長株投信(愛称:テンバガーハンター)に組み入れられている銘柄(日本株)を一覧にまとめご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?

株価を下げている銘柄や、冴えない値動きとなっている銘柄も結構ある印象ですが、会社の真なるキャッシュフローの力や収益力を見極め、バランスシートやキャッシュフローなどのデータを精査したりするのは、なかなか骨の折れる作業かと思います。

サラリーマンをしながら株式投資をされている方など、ビジネスの質と経営陣の質を見極めるのが大切だと分かっていても、銘柄分析を行う時間をあまり取れないという方が殆どではないでしょうか。

また、投資信託(ファンド)は、運用成績に関わらず信託報酬(運用管理費用)を支払わなければなりません。

例えば今回注目した「世界割安成長株投信Aコース」だと、販売手数料が3.30%(上限・税込)で、信託報酬が年率1.65%となっています。

なので投資信託を購入するのも一つの手かとは思いますが、できれば投資妙味の高そうな個別銘柄を選び投資していきたいところです。

銘柄分析を行っている時間がない方や、投資先に悩んだりすることが多い人は、『新生ジャパン投資』や『ファイネストアドバイザリー』といった株式投資に関連した情報を日々配信している「投資顧問」を試しにでも活用してみるといいかもしれません。

今時はネット上で色々と情報をチェックできるようになりましたが、投資顧問が提供するサービスを利用することで、投資アナリストが分析する注目銘柄情報を入手できるだけでなく、保有中・検討中の銘柄について相談することもできます。

市況情報など日々トレードする上で知って起きたい情報を配信してもらうことができ、これまで1人で行ってきた銘柄選定の時間を大幅に短縮できるようになるかと思います。

サラリーマンや主婦の方など、投資にあまり時間を割けない方は特に恩恵が受けられると思うので、是非一度、投資アナリストの手を借りてみてはいかがでしょうか?

割安なお宝銘柄の発掘なら「新生ジャパン投資」

新生ジャパン投資

割安成長株で100万単位の利益を狙いたい人は必見!!
新生ジャパン投資

割安株のデメリットは、巷で話題となっている銘柄と比べ注目度が低く、値動きに乏しい傾向にあるというのがありますが、最近はネット上で情報が収集されるようになり、知名度が高い株情報サイトで取り上げられることで動意付くというケースも珍しくありません。なので割安放置されていた銘柄が買われていくタイミングを上手く狙いたいと思われる方は、利用者が多そうな株情報サイトが配信している銘柄情報をチェックしておく必要性があるかと思われます。新生ジャパン投資はラジオNIKKEIの番組『源太緑星株教室』でお馴染みの相場界のレジェンド「高山緑星」こと「前池英樹」が代表を務めている株情報サイトです。財務局に金商登録があり、株価2倍、3倍となるような銘柄を多数提供してきているサイトなので、割安株で100万単位の利益を上手く狙いたい人は、試しにでも一度、配信されている個別銘柄の株価推移を追ってみることをオススメします。

現在「名前」と「メールアドレス」を登録するだけで“次なる大化け候補株1銘柄”を無料で配信してくれます。詳しくは新生ジャパン投資の公式ホームページにてご確認下さい。