2023年10月6日の上がった株・下がった株【銘柄ピックアップ】

上がった株・下がった株

この記事にはプロモーションが含まれています。

本日の日経平均は反落。東証プライムの値上がり銘柄数は1,284銘柄、値下がり銘柄数は507銘柄、変わらずは46銘柄となりました。

2023年10月6日に上がった株・下がった株をピックアップして本日の相場を振り返ります。

2023年10月6日の上がった株・下がった株

上がった株【3739】コムシード

(2023/10/06:株価前日比+6.44%上昇)
急反発。5日大引け後、韓国で事前登録を開始したモバイルゲーム「進撃の巨人 Brave Order」について、事前登録者数が登録開始から1週間で36万人を突破したことを発表。リリースは韓国で11月1日を予定している。事前登録者数が30万人を突破したことで、ゲームローンチ後すべてのユーザーに進撃の巨人ゲーム内で使用できるアイテムをユーザー全員にプレゼントする予定。また40万人、50万人突破時にもプレゼントする予定。

【3739】コムシードの株価チャート

3739 コムシードの株価チャート

上がった株【6047】Gunosy

(2023/10/06:株価前日比+2.52%上昇)
続伸し年初来高値を更新。同社の持分法適用関連会社であるフィンテック企業slice(インド)と、インドのNorth East Small Finance Bankが合併すると発表し5日はストップ高まで買われ、本日も引き続き材料視されているもよう。現地の中央銀行であるインド準備銀行(RBI)からは承認を獲得している。現在は全国会社法裁判所からの最終承認待ちのようだ。同社への収益貢献が期待される。

【6047】Gunosyの株価チャート

6047 Gunosyの株価チャート

下がった株【9903】カンセキ

(2023/10/06:株価前日比-10.97%下落)
大幅反落し年初来安値を更新。5日大引け後、24年2月期の第2四半期累計(3-8月)と通期の業績予想の修正を発表。営業利益について、第2四半期を従来予想の8億1800万円の黒字から3100万円の赤字(前年同期は連結決算のため比較はない)へ、通期を同15億円から未定とした。ホームセンター事業では原材料の高騰などによる商品価格の値上げによる消費者心理への影響から売上高・利益ともに減少した。WILD-1事業については新型コロナウイルス感染症対策の行動制限緩和により消費者趣向が多様化したこと、原材料費高騰や急激な円安の進行などの影響から、主力であるキャンプ関連用品を中心に売り上げが落ち込んでいることなどが響く。

【9903】カンセキの株価チャート

9903 カンセキの株価チャート

下がった株【6919】ケル

(2023/10/06:株価前日比-11.53%下落)
後場に入り急落。本日正午、24年3月期業績予想の修正を発表。売上高を従来の140億円から120億円(前期比17.2%減)へ、営業利益を同20億円から9億4000万円(同60.8%減)へと大幅に減額した。顧客の製品在庫の影響や部材高騰に加えてエネルギーコストの上昇が続き厳しい状況の継続を想定していたが、それ以上に大きく低調な推移となった。半導体製造装置やFA機器などの工業機器市場の売上高減少の影響を受け、売上高が予想を大きく下回る見通しとなった。また、エネルギー価格の高騰や原材料費の上昇継続も利益を押し下げる。

【6919】ケルの株価チャート

6919 ケルの株価チャート

銘柄選びに迷ったら

株式投資を行う上で悩みの種となるのが銘柄選び

しかし最近では多くの情報がありますので、参考になる情報を選べれば、大化けが期待できる円高メリット・円安メリット関連株の銘柄選びにも一歩近づくかもしれません。

以下は投資顧問と呼ばれる株情報サイトで、過去には大きな上昇となった【7692】アースインフィニティや【4575】キャンバスを無料で配信してくれていました。

投資顧問には無料で利用できるサービスと、有料で利用できるサービスがあり、上記銘柄は無料で利用できるサービスの範囲内で確認できる情報です。

よかったら是非参考にしてみてください。

株式投資で継続的に稼ぐ有効的な3つの手段

2024年5月17日

投稿者プロフィール

株のカタチ運営事務局
『株のカタチ』では、株初心者でもわかる銘柄の探し方や見つけ方などを様々な視点でご紹介しています。

少額資金でも大きなリターンを狙える割安株(バリュー株)で成長性(グロース株)が高い割安成長株やテーマ株などの個別材料株の探し方や見つけ方、長期の運用で高配当、株主優待も期待できるバリュー投資、欠かせない日経平均などの全体相場の値動きなど、株式投資に役立つ情報を中心に随時更新中。