2024年1月17日の上がった株・下がった株【銘柄ピックアップ】

上がった株・下がった株

本日の日経平均は続落。東証プライムの値上がり銘柄数は486銘柄、値下がり銘柄数は1,114銘柄、変わらずは57銘柄となりました。

2024年1月17日に上がった株・下がった株をピックアップして本日の相場を振り返ります。

2024年1月17日の上がった株・下がった株

上がった株【5595】QPS研究所

(2024/01/17:株価前日比+9.89%上昇)
大幅続伸。15日の大引け後に24年5月期第2四半期(6-11月)決算を発表しており、引き続き好材料となっているようだ。売上高は4億6900万円と従来予想を上振れて着地した。営業損益についても8100万円の赤字と従来予想2億7600万円の赤字から赤字幅を縮小している。実証試験機であるQPS-SAR2号機の画像販売とその他の官公庁受託案件の売上高が計画以上に順調な推移となった。また人件費・採用募集費が計画を下回ったことも寄与した。

【5595】QPS研究所の株価チャート

5595 QPS研究所の株価チャート

上がった株【6874】協立電機

(2024/01/17:株価前日比+6.26%上昇)
大幅反発し昨年来高値を更新。16日大引け後、経済産業省の「DX認定事業者」に認定されたことを発表。同制度は「情報処理の促進に関する法律」に基づき、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)に関する自主的な取り組みを促すことが目的。デジタル技術による社会変革を踏まえた経営ビジョンの策定・公表といった「デジタルガバナンス・コード」の基本的事項に対応する企業として認定されたとしている。認定期間については適用日の1月1日より2年間となる。

【6874】協立電機の株価チャート

6874 協立電機の株価チャート

下がった株【7130】ヤマエグループホールディングス

(2024/01/17:株価前日比-16.33%下落)
急落。16日大引け後に新株式発行および株式の売出しを発表。400万株の公募増資と、需要動向をみながらオーバーアロットメントによる60万株を上限とする売り出しを実施する。発行済み株式数は最大で約19.4%増加見通し。発行価格は24日から29日までの間のいずれかの日に決定する予定としている。調達資金は手取り概算で最大約168億円となり、菓子卸のコンフェックスホールディングスの株式取得(子会社化)に係る借入金の一部返済資金や、筑後工場および併設する筑後共配センターの移転及び拡張に係る設備投資資金の一部に充当する。

【7130】ヤマエグループホールディングスの株価チャート

7130 ヤマエグループホールディングスの株価チャート

下がった株【3593】ホギメディカル

(2024/01/17:株価前日比-6.99%下落)
大幅続落。16日大引け後、24年3月期第3四半期(4-12月)決算を発表。売上高297億5400万円(前年同期比0.7%増)、最終利益は26億0900万円(同29.7%減)で着地した。同時に通期予想の修正も発表しており、売上高を従来の408億9000万円から392億円(前期比0.6%増)へ、最終利益を同34億3000万円から27億6000万円(同36.1%減)へと減額した。第3四半期連結累計期間で手術用のキット製品販売数量が想定を下回っているほか、減価償却費の増加や円安による輸入材料の高騰などが響く。

【3593】ホギメディカルの株価チャート

3593 ホギメディカルの株価チャート

銘柄選びに迷ったら

株式投資を行う上で悩みの種となるのが銘柄選び

しかし最近では多くの情報がありますので、参考になる情報を選べれば、大化けが期待できる銘柄選びにも一歩近づくかもしれません。

以下は投資顧問と呼ばれる株情報サイトで、過去には大きな上昇となった【7692】アースインフィニティや【4575】キャンバスを無料で配信してくれていました。

投資顧問には無料で利用できるサービスと、有料で利用できるサービスがあり、上記銘柄は無料で利用できるサービスの範囲内で確認できる情報です。

よかったら是非参考にしてみてください。

株式投資で継続的に稼ぐ有効的な3つの手段

2023年8月24日