2024年3月4日の上がった株・下がった株【銘柄ピックアップ】

上がった株・下がった株

本日の日経平均は4万円の大台を突破し、史上最高値を更新。東証プライムの値上がり銘柄数は425銘柄、値下がり銘柄数は1,195銘柄、変わらずは37銘柄となりました。

2024年3月4日に上がった株・下がった株をピックアップして本日の相場を振り返ります。

2024年3月4日の上がった株・下がった株

上がった株【5216】倉元製作所

(2024/03/04:株価前日比+35.45%上昇)
大幅反発し昨年来高値を更新。1日大引け後、第三者割り当てによる新株式の発行を発表。割当先は顧問の渡辺敏行氏と、取引先である那須マテリアル(栃木県大田原市)。また、渡辺氏を割当先とする第三者割当による第3回新株予約権の発行も行う。発行株式数は162万4000株で、払込期日は3月25日から4月10日まで。新株予約権の発行数は3万5715個(潜在株式数357万1500株)、割当日は4月10日。調達資金は差引手取概算額で6億9361万0665円、新規事業への設備投資や事業買収資金などに充てる。同時に定款を一部変更することも発表。事業目的に半導体製造装置の製造販売やペロブスカイト太陽電池の設計・開発など複数項目を追加しており、新規事業への期待から買いが入ったもよう。

【5216】倉元製作所の株価チャート

5216 倉元製作所の株価チャート

上がった株【8801】三井不動産

(2024/03/04:株価前日比+2.17%上昇)
3日続伸し上場来高値を更新。1日大引け後、3月31日を基準日として1株を3株の割合をもって分割すると発表。投資単位当たりの金額を引き下げることにより投資家がより投資しやすい環境を整えるとともに、株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的としている。同時に25年3月末時点の株主から株主優待制度が新設されることも発表。毎年3月31日を基準日とし、100株以上を保有する株主を対象とする。保有株数に応じ、ららぽーとや三井アウトレットパークなどの対象施設や、三井ショッピングパーク公式通販サイト「&mall」などで使える三井ショッピングパークポイントを進呈する。

【8801】三井不動産の株価チャート

8801 三井不動産の株価チャート

下がった株【2590】ダイドーグループホールディングス

(2024/03/04:株価前日比-9.20%下落)
大幅に3日続落。1日大引け後に24年1月期決算を発表。営業利益は37億3200万円(前年比5.3倍)で着地した。しかし直近の11-1月期は営業赤字20億6000万円と赤字幅が拡大している。国内飲料事業について、依然として容器・包装価格やエネルギーコストの高騰が影響している。また、トルコ飲料事業は為替およびインフレ率の見通しが不透明であることから、25年1月期業績予想は非開示としている。

【2590】ダイドーグループホールディングスの株価チャート

2590 ダイドーグループホールディングスの株価チャート

下がった株【9147】NIPPON EXPRESS ホールディングス

(2024/03/04:株価前日比-2.70%下落)
大幅反落。1日大引け後に株式の売り出しを発表。売出人は【7205】日野自動車、損害保険ジャパン、三菱UFJ銀行、【7202】いすゞ自動車など主要株主の7社。売出株数は421万6600株で、需要状況で63万2400株のオーバーアロットメントによる売り出しも行う。売出価格は11日から13日までの間に決定される。これを受け、株式需給の悪化を懸念する動きが優勢となったもよう。

【9147】NIPPON EXPRESS ホールディングスの株価チャート

9147 NIPPON

銘柄選びに迷ったら

株式投資を行う上で悩みの種となるのが銘柄選び

しかし最近では多くの情報がありますので、参考になる情報を選べれば、大化けが期待できる銘柄選びにも一歩近づくかもしれません。

以下は投資顧問と呼ばれる株情報サイトで、過去には大きな上昇となった【7692】アースインフィニティや【4575】キャンバスを無料で配信してくれていました。

投資顧問には無料で利用できるサービスと、有料で利用できるサービスがあり、上記銘柄は無料で利用できるサービスの範囲内で確認できる情報です。

よかったら是非参考にしてみてください。

株式投資で継続的に稼ぐ有効的な3つの手段

2023年8月24日