割安株の見つけ方とスクリーニング

見つけ方とスクリーニングのメイン画像 割安株・バリュー株

割安株(バリュー株)を見つけるのには、スクリーニングが重要です。仮にサイトや本などで割安銘柄の情報を手に入れても、その割安株は既に割安ではないかもしれません。

しかし株初心者にとっては、時価総額やPBR・PERなど、スクリーニングに必要な項目の意味や適切な数値が分からず「画面は開いたけど、どこに何を入力すればいいの?」と困った経験があるのでは。

こちらでは、割安株の見つけ方とスクリーニング方法をご紹介します。割安株でチェックすべきスクリーニングの設定条件は6つ。コツを掴んで”お買い得”銘柄を手に入れましょう。

割安株を見つけやすいスクリーニング方法と6つの設定条件

スクリーニングの方法

先程お伝えした通り、スクリーニングで優良な割安株を見つけるには、6つの条件を設定します。

Yahoo!ファイナンスを使ってそれぞれの項目を見る方法もありますが、「全部見比べるのは手間」と買う前に意欲をそがれてしまわないよう、ここでは登録なしで使用できる簡易スクリーニングの方法をお伝えします。

スクリーニングの6つの検索条件

6つの検索条件というと、多いと感じる人もいるかもしれません。しかし、きちんとしたスクリーニングをすると皆さんの割安株に対する不安が解消できます。

割安株を選ぶときに不安になること

  • どれくらい投資する価値があるの?
  • 安いのはいいけど、投資したお金はきちんと戻ってくる?
  • 安い=業績不振なのでは?

これらを知るのに、以下の6つの指標を使います

PER 株価収益率。
「どれくらい投資する価値があるか」分かる。
時価総額 株価×株式発行部数。
「どれくらい投資する価値があるか」分かる。
PBR 株価純資産倍率。
「投資したお金が戻ってくるか」分かる。
配当利回り 利回りが高い=「業績」がいい。
「年間でどれだけの配当があるか」分かる。
ROE(自己資本利益率 ROEが高い=効率よく利益を上げている。
「お金が効率よく使われているか」分かる。
自己資本比率 企業の総資本の中に占める自己資本の割合。
「財政状態」がわかる。高いと良い。

いかがでしょうか。これらの指標がどういうものなのか理解し、正しく判断できるようになれば、割安株に対する不安は薄れていくはずです。それぞれの適切な入力数値は順に解説します。

株価が低いと早く儲けられる?PERで測る”割安性”

割安株を探すときの最適PER平均

割安株のスクリーニングには、PER「5倍以上15倍以下」を入力しましょう。
おさらいになりますが、PERとは、1株あたりの利益から株価の割安性を判断する値です。 PERが低ければ低いほど株価よりも実力が先行している”割安”状態だと思ってください。

P市場の目安は16倍前後ですから、16倍よりも少ない数値であれば”割安性”があるとみていいでしょう。

反対に、バリュー株(割安株)とよく比較されるグロース株(成長株)を買う場合、PERは非常に高く、値は20倍以上が目安です。割安株をスクリーニングする条件とは大きく異なりますので詳細は割愛します。

PERは「投資金の元を取る年数」

投資で元を取る

PERは投資金の元を取る年数だと言われています。つまり、PERが低いということは、他の株に比べて投資した金額を回収できるのに時間がかからないということです。

割安株が根強く支持されているのは、莫大な資産を築いた著名な投資家の影響がありますが、こうした「元を取りやすい」という背景も影響しているようです。

上記のPER「5倍以上15倍以下」という指標で見つける割安な好業績株については、PERとPBR指標で見つける割安な好業績株をご覧ください。

PBRは低ければ低いほど安心?

割安株を探すときの最適PBR

割安株のスクリーニングには、PBR「0.5倍以上1.5倍以下」を入力しましょう。
おさらいになりますが、PBRとは、1株あたり純資産の何倍の値段が付けられているかを表します。PBRが1倍だと企業価値と株価は等しいので、1倍以下だと”割安”です。

市場の平均は2.1倍と高めですから、ある程度検討したいのであれば、「0.5倍以上1.5倍以下」という条件をおすすめします。

その低PBR株、安心ですか?

低PBR、安心?

実は、PBR「1倍以下」だけだと、0.5倍以下の株も出てきます。繰り返しになりますが、PERやPBRは低ければ低いほど”割安”です。「じゃあ0.5倍以下はもっと割安でいいんだ!」と思いましたか?それが落とし穴です。

詳しくは次のPERとPBR指標で見つける割安な好業績株でお伝えしますが、ずっとPBRが低い銘柄は現金化できない借金が多いなどの改善しにくい原因があるかもしれません。

買った株券がただの紙くずに……となってからでは手遅れです。失敗しないためにも、改めてスクリーニング条件を確認しておきましょう。

”お買い得”銘柄をつかむ、スクリーニング条件は6つ

スクリーニングの方法

株マップ簡易スクリーニング画面

今回ご紹介するのは、株マップcomの簡易スクリーニング機能です。
下図は実際のスクリーニング画面を表にしたものです。入力する部分に色をつけています。今回ご説明を省く箇所については、記載も省いています。

ファクター 表示 自動範囲設定 最小値 最大値 並び替え
PER 表示アリにチェック 5 15
PBR 表示アリにチェック 0.5 1.5
配当利回り(%) 表示アリにチェック 3
ROE(%) 表示アリにチェック 5
時価総額(10億円) 表示アリにチェック 1 30
自己資本比率 表示アリにチェック 40

これらを入力し、最後に「検索を実行」を押せばスクリーニング完了です。 2018年5月24日現在、この条件で71件の検索結果があります。

補足

時価総額 1兆円以上(大型株)時価総額1,000億円以上3,000億円未満(中型株)1000億円未満(小型株)
自己資本比率の目安 70%(理想) 40~69%(優良)20~39%(普通)

最適スクリーニング条件6つ

以下に、優良割安株を見つけるためのおすすめスクリーニング条件をまとめました。

PER 5倍以上15倍以下
時価総額 10億以上300億以下
PBR 0.5倍以上1.5倍以下
配当利回り 3%以下
ROE(自己資本利益率 5~10%
自己資本比率 40以上

この数値はあくまで目安です。実際スクリーニングを重ねてみると、ここではお伝えしていない別の数値の必要性に気づいたり、上記の数値を自分に合ったものに変えてみたりと、「自己流スクリーニング」ができるようになってきます。

スクリーニングとおすすめ分析法

スクリーニングの重要性は伝わったでしょうか。少しずつ、割安株の購入に具体的なイメージを描けていますよね。

さて、”お買い得銘柄”をつかむには、合わせて情報分析も必要です。「分析は難しい」と思っていませんか?分厚い本を何冊も読んだり、数字を毎日眺め続けたり……それも分析のひとつですが、今回は取り組みやすいおすすめの分析を3つご紹介します。

スクリーニングと合わせて行う3つの分析

おすすめの分析は以下の3つです。

  1. 気になる銘柄の
    情報探し

    「気になる」だとなかなかピンときませんか?

    身近なものやよく行くところの株を見てみるのはどうでしょう。

  2. ”ビジネスモデル”
    チェック

    「他にはない魅力」や「新しい取り組み」などはありませんか?

    魅力があると株価も上がりやすいです。

  3. 同銘柄、同業他社の
    チャートや株価は?

    その銘柄は、どのくらいの位置にありますか?

    また、株価やチャートに急降下などがないか見ておきましょう。

株の売買を繰り返し行うと、他に工夫したいことや気づきが増えていきます。ぜひ様々な分析を通して自分に合ったものを習得してください。

まとめ

始めにお伝えしたように、割安株(バリュー株)を見つけるのには、スクリーニングが重要です。
スクリーニングについてご紹介したことをまとめました。

  • スクリーニングのおすすめ条件は6つ。
  • PER・時価総額・PBR・配当利回り・ROE・自己資本比率が大切。
  • PERを見ると、投資した金額を回収するのにかかる年数がわかる。
  • PBR・PERともに、ずっと低すぎるのは要注意。
  • スクリーニングと合わせて、”ビジネスモデル”やチャート、株価もチェック。

繰り返しにはなりますが、数値はあくまで目安に過ぎません。今回学んだことを活かして、自己流スクリーニングを極めてください。